ベッドを変えて人生が変わった

もともと不眠気味で、腰痛持ちの私は毎朝の目覚めが憂鬱だった。

たっぷり睡眠時間の確保をしているのに、起抜けは頭がハッキリしないし、何より体中が軋むように痛む。

当時、主人と二人でダブルベッドに寝ていた。二人とも大柄では無いはずなのに、何だか窮屈な、押し込められて居る様な感覚・・・・

何の事は無い、寝相が二人揃って悪いのだ。朝起きると、どちらかがベッドからはみ出している、さながらアクロバット寝相。

“ベッドを変えて人生が変わった”の続きを読む