クイーンベッドの知られざるイメージとは

ベッドには様々なサイズに応じて名前が付いている。シングル、セミダブル、ダブル、クイーン、そしてキングと。

さて、ベッドの本質とは異なるかもしれないが感じていることがある。

まず、シングルは、いかにもちょっと単身向けという響きがしてくる。
“クイーンベッドの知られざるイメージとは”の続きを読む

夫婦で寝るにはちょっと狭いクイーンベッド

今まで旦那さんはお布団、私はベッドで寝ていたけど、何かと楽ちんなベッドで一緒に寝ることに。

体が大きく、寝相の悪い旦那だからと大きめのクイーンサイズを選んだけれど、旦那さんは少々不満気味。

なぜか独身時代はキングサイズにどかっと1人で寝ていたからしょうがない。
“夫婦で寝るにはちょっと狭いクイーンベッド”の続きを読む

クイーンベッドで寝始めて。

結婚するときに、クイーンベッドを購入しました。私は睡眠に少しこだわりがあり、主人といえども狭い空間に一緒に寝たくないので、ダブルベッドよりもクイーンサイズを選びました。部屋にクイーンベッドを置くとさすがに大きく、ベッドを置くだけで他は何も置けないくらいでした。
“クイーンベッドで寝始めて。”の続きを読む

クイーンベッド選びに附随するもの

クイーンサイズのベッド。一般人にはあまり縁のないものであるが、キングサイズよりもなんだか高級感あふれるこの名称に、憧れの念を抱いてしまう。庶民に似合う順に雑魚寝⇒布団⇒シングルベッド⇒ダブルベッド⇒クイーンベッド⇒キングベッド、となる(セミダブルとかは除く)わけであるが、どうも二番手好きの日本人だからなのかどうなのか、この中では「クイーンベッドがいい!」という気持ちにならないだろうか。
“クイーンベッド選びに附随するもの”の続きを読む

大きいベッドは気持ちがよすぎる。

私が生まれ育った家は昔タイプのもので、家の中にドアというのはお風呂場とトイレしかありません。部屋の区切りはすべて襖やガラス障子の家でした。もちろん私の部屋も襖で仕切られた部屋でした。
“大きいベッドは気持ちがよすぎる。”の続きを読む

クイーンベッドは使い勝手が悪いと感じています

家の部屋数や間取り面積などに余裕がもてる家であれば問題ないのでしょうが、クイーンベッドを購入すると後で失敗したと思う可能性があります。新婚当時はクイーンベッドにすることでお互い同じベッドでゆったりと寝られるので幸せ感は絶頂に達しているかもしれませんが、これは長続きしない傾向があります。
“クイーンベッドは使い勝手が悪いと感じています”の続きを読む

クィーンベットが欲しいです

シングルベットに寝ていますが、誤ってベットから落ちたこともあり大きいベットに変えたいなぁと思っていたら、家のリフォームをすることになり寝室がすこし大きくなったので思い切ってクィーンベットをこうしたいと思い家具屋に行きました。
“クィーンベットが欲しいです”の続きを読む

ベッドを変えて人生が変わった

もともと不眠気味で、腰痛持ちの私は毎朝の目覚めが憂鬱だった。

たっぷり睡眠時間の確保をしているのに、起抜けは頭がハッキリしないし、何より体中が軋むように痛む。

当時、主人と二人でダブルベッドに寝ていた。二人とも大柄では無いはずなのに、何だか窮屈な、押し込められて居る様な感覚・・・・

何の事は無い、寝相が二人揃って悪いのだ。朝起きると、どちらかがベッドからはみ出している、さながらアクロバット寝相。

“ベッドを変えて人生が変わった”の続きを読む